予防接種について

ホーム予防接種について

予防接種について(印刷用の問診票は下の方にあります)

ワクチンで防げる,あるいは重症にならなくてすむ病気があります(←ここポッチ)自分の子だけは大丈夫とは言えません.是非予防接種してこわい病気からお子さんを守ってください.殆どの方が受けると,社会全体の抵抗力も高まります.受けようと思っても免疫が弱く受けられない方も守ることができます.
 基本2ヶ月からスタートです.最初はお電話ください.そのあとは予約システムを使うと便利です.予約をとるから入って,患者番号とパスワードを入れると予防接種を選択するところがでてきます.4種混合+ヒブ+肺炎球菌+B型肝炎+ロタワクチンの5つ同時接種.1か月後3ヶ月健診時に,さらに1か月後と続いていきます.接種可能なワクチンしか選択できませんので安心してくださいね.だれでも初めてですから質問大歓迎.接種後20分~30分は病院近くにいてください.

母子手帳・接種券を忘れずに持ってきてください.
・ロタワクチンは飲むワクチンです.お腹いっぱいでは飲んでくれないので,そこそこお腹すかせて来てね.(2種類あります.下記)
・他に忘れている予防接種はありませんか.母子手帳で確認.同時接種できます.
・おたふくかぜ(できれば2回,市補助あるかも),B型肝炎(3回)も是非受けてください.
・接種するタイミングがうまくいかないと費用が発生することがあります.もったいないので忘れない様に次の接種のタイミングをメモしておきましょう.少々ずれて,おっかけ接種することはよくあります(^_^).
・おたふくかぜなど自費予防接種の問診票を準備しました.ダウンロードして印刷.あらかじめ記載して持ってきてくださると助かります.

※感染症について詳しく知りたい方.国立感染症研究所/感染症情報センター

予防接種のながれ(心配なこと,ご相談ください)

ワクチン問診票です.下線クリックして表示,印刷・記載・持参で助かります

・自費ワクチン問診票
・インフルエンザワクチンを受けられる方へ
インフルエンザワクチン問診票(こども)
・インフルエンザワクチン問診票(おとな)

自費予防接種問診 インフルエンザ問診(こども)

子宮頚がんワクチン

〇このワクチンは世界では華々しい成果をあげていて,子宮頚がん撲滅が近未来実現しそうな勢いです.現在日本では毎年約1.1万人がかかり,2900人が亡くなっています.亡くならなくてもこどもが生めなくなったり,流産しやすくなったり,術後の後遺症にたくさんの方が苦しんでいます.お嬢さんが大きくなって苦しまないようにこのワクチンの接種を強くお勧めします.時期を逃した方も無料でできる可能性がありますし,夕方接種も取り組んでいますのでまずはお電話ください.

二つのロタワクチン,どっちを選んだらいいの?

ロタリックス ロタテック
メーカー グラクソ・スミスクライン MSD
ウイルスの型 1 種類(G1) 5 種類(G1,G2,G3,G4,G9)
投与量・回数
(飲むワクチン)
1回 1.5ml
2
1回 2ml
3
初回投与 14週6日まで 14週6日まで
接種期間 24 週まで 32 週まで
構成ウイルス ヒトロタウイルスの中で最も多いG1(G1P[8])を弱毒化した.他タイプのロタウイルスに対し交叉反応を示す 遺伝子を組替えし,様々な地域で流行する5種類(上記)のウイルスに対し幅広く予防するワクチン
効 果 同じ 同じ
承認国数 120カ国以上 100カ国以上
◎ロタリックスとロタテックの2種類あります.どちらも準備できます.
◎効果は同じです.当院ではロタリックスを選ばれる方が多いです.
◎最後まで同じワクチンを継続する必要があります.

こどもの新型コロナワクチン接種について

別項のこどもと新型コロナをごらんください.
お問い合わせ
ひとり,一人を大切に
ページの先頭へ